Time Waverの開発に関わる理論的背景

ブルクハルト・ハイムの量子場理論の実用化

ブルクハルト・ハイムの量子場理論の実用化

hime

 

ブルクハルト・ハイム 
ドイツ人物理学者

 

タイムウェイバーは、ドイツ人物理学者ブルクハルト・ハイム(1925―2001)の革新的な仕事である宇宙の12次元構成論を含む、最新の物理学の発展の成果を取り入れています。ハイムの最も重要な物理学への貢献は、均一場理論、いわゆるハイム量子場理論の公式化にあると考えられています。ブルクハルト・ハイムのモデルは、独特にインフォメーション・フィールド・サイエンスを説明しており、その科学的基礎を構成しています。インフォメーションとコントロール・レベルに関するハイムの理論は、タイムウェイバー・システムを作り出す上で決定的な影響力を持っていました。

dimention ブルクハルト・ハイムによると、4つの可視次元の世界(次元d1からd4)は、宇宙のより低いレベルを構成しています。それらの上が次元d5からd6のエネルギー・コントロール・レベル(ECL)です。宇宙意識は次元d7からd12に関連します。最も高い4つの次元d9からd12は数学的にマインドを表しています。時間波を通じて、より高い次元は、私たちが慣れしたんだ時間と空間を持つ4つの次元とコミュニケートします。6つの高い次元の内、下の2つレベルはグローバル・インフォメーション・フィールド(GIF)を構成しています。これらの12の次元は物質を意識につなげ、これらの領域のコミュニケーションは時間波によって起こります。

 

■ 実際の物理的光量子効果と振動比較

ブルクハルト・ハイムによると、量子物理学的プロセスはインフォメーション・フィールドとのインターフェイスを形成していると言います。タイムウェイバーは、ふたつの異なった技術的システムが使われるインフォメーション・フィールドを読み書き込む最先端のテクノロジーを使っています。

1. フォトンを使った光量子効果は、ハイムによると、最も効率的な光搬送です。

2. 振動比較は、ふたつの同時に振動するノイズ・ソースを操作します。もしふたつの振動パターンをお互いに比較したら、インフォメーション・レベルで簡単で効率的に共鳴を作り出すことができます。

 

情報フィールドの科学的基礎

 

cozlyニコライ・コズイレフ博士 
ロシア人宇宙物理学者

 

 

■ タイムウェイバーは時間波とコミュニケートするコズイレフ・ミラー ー他の次元への物理的な入口

ソビエトの物理学者ニコライ・コズイレフの研究によると、時間とは効果が原因から現れるのを可能にする力です。時間は力である、もしくは波であるとする理論は革命的といえるでしょう。そのパターンは世界のすべての物理的な出来事についての情報を含んでいます。この研究は、時間が情報-空間と物質の間のコミュニケーションに重要な役割を果たしていることを示しています。情報の一部分から物質的なプロセスが時間波を通して起こります。反対に、すべての物質的なプロセスは、時間波にパターンを作り出します。このパターンは時間と空間から独立していおり、宇宙のどこからでもアクセスできるものです。

■ コズイレフ・ミラー ー他の次元への物理的な入口R4Wに存在する量子場

コズイレフ・ミラーはアルミニウム製のシリンダーで、開発者であるカズナチフ教授とトロフィモフ教授によると、これは特定の比率と表面品質と合金化によって、その内部で時間と空間のチャネルを開くことができます。この主張は何百人もの研究者が関わった数多くの科学実験と前世紀の最も偉大な宇宙物理学者のひとりであるニコライ・コズイレフの理論によって証明されています。

theoly■ R4Wに存在する

量子場もしくは確率場は、使用者の意図とインフォメーション・フィールドの相互作用によって生じます。観察もしくは計測行為によって量子場は直ちに崩壊します。この分析はインフォメーション・フィールド・バランシングにのみ有効です。

タイムウェイバーは患者とは直接にはコミュニケートしません。現存する量子場を通して患者のインフォメーション・フィールドとコミュニケートします。量子場はR4波動空間に位置し、クライアントはR4粒子空間に位置します。この並行空間をとる現象は、一般に波動と粒子の二重性として知られています。

 

コズイレフによると、宇宙のすべての物質的・精神的プロセスはタイム・パターンに痕跡を残します。これはホログラフィックな性質を持つコズミック・インフォメーション・フィールドを表しています。すべての情報は全宇宙に同時に存在しています。これによって情報は、ひとつのポイントから他のポイントに移動するのに時間が不要なだけではなく、時間波の反射によっても伝達可能になります。ある条件によっては、送り手が情報を送り出す前に受け手が受け取ることもあります。

 

 

タイムウェイバーは振動比較を実施する初めての機械です

タイムウェイバーは物とシステムの分析を通してあなたをサポートします。分析は振動比較、光量子効果を使った検査、もしくは同時に両方の手法を使って行うことができます。タイムウェイバーは複雑な電子レコーディング・システムを使います。ふたつのノイズ・ソースが同時にそれぞれ独立して、ふたつの振動パターンを記録し、ソフトウェアは次のように評価します。

・最初の振動パターンが分析対象のクライアントに指定される。映像・データ・クライアントのサンプルによって、ソフトウェアがクライアントを識別する。

・二番目の振動がデータベースによる分析のためデータに指定される。クライアントの分析のため、データベースからバランシングに適切な選択項目を選ぶ。

・タイムウェイバーがデータベースから選択された項目の振動パターンとクラインアントの振動パターンを比較する。
・クライアントのインフォメーション・フィールドとエネルギー・フィールドを調整するため最適化を実施する。

■ 時間波が意識と物質をつなぐ

タイムウェイバーは意識と物質をつなぐ媒体です。これは全宇宙の定常波と共時的に振動し、すべての物理プロセスをお互いに結びつけます。クライアントの体もまた「ノイズ」の源泉であり、単なるタイムウェイバーの循環伝達装置ではありません。人間はノイズの複雑な波を引き起こす振動する原子でできています。このノイズもまた時間波に含まれています。

ソフトウェアはクライアントもしくは目的物と最適化リストに同時にアクセスします。これは、最適化リストの情報内容が、一時的にクライアントのインフォメーション・フィールドに振動として伝わるという意図のもとに起こります。私たちの意識共鳴モデルでは、意識的な意図が、タイムウェイバーによって伝達されたノイズとクライアントのノイズとの間の共鳴を引き起こします。それゆえ最適化情報は、一時的にクライアントのインフォメーション・フィールドに振動として伝わっていきます。

一般に、他のシステムはひとつのノイズ・ダイオードで動きます。そのデジタル化されたシグナルはランダム発生器として用いられています。その代わり、タイムウェイバーは2つの別々のノイズ・ソースを用いて、それらのノイズ・パターンを直接比較します。

 

 

 

サブコンテンツ

現代の科学と医学はインフォメーション・フィールドの存在とその医学的意義を認めていません。これは特に調整機能の活性化とセルフヒーリングに応用されています。

このページの先頭へ